国際共同研究とネットワーク

スイスは、国際的な共同研究に高い価値を置いている。スイスは、多くの国際研究組織や研究プログラムに参加し、また、選ばれた重要な国々と共に相互的な共同研究を行っている。スイスの科学の分野における外部ネットワークを管轄するスイスネックスは、スイスの国外における科学先進国としての地位の獲得に尽力している。

スイスネックス・インドの事務所
スイスネックスは、スイスの国外における教育、研究、技術革新分野の外部ネットワークである。 © swissnex

国際的なネットワークは、スイスに魅力的で成果の高い研究環境を与えている。スイスで従事する博士や教授の約半分が外国人である。国際的な共同研究は、大変にに高い価値があるため振興されている。スイスは、数多くの国際的な研究組織や研究プログラムに参加している。

指標となる研究プロジェクト

ジュネーヴにある欧州原子核研究機構(CERNの名で知られている)は、最も巨大で権威ある科学研究所である。CERNでは、特に素粒子加速器による物理学の基礎研究が行われている。宇宙の組成や法則が研究のテーマである。CERNは、1989年のインターネットの誕生に影響を与えた事や大型ハドロン衝突型加速器、とりわけ、ヒッグス粒子の発見に導いた素粒子加速器が有名である。

国際的なIT企業のIBM(インターナショナル・ビジネス・マシンズ・コーポレーション)は、1956年以来、チューリヒ近郊にある重要な研究所を運営している。1986年と1987年には、この研究所の研究者がノーベル物理学賞を受賞している。2011

年、IBM研究所は、チューリヒ連邦工科大学と共に“ビーニッヒ&ローラー・ナノテクノロジーセンター”を開設した。

ローザンヌ連邦工科大学は、野心的な欧州研究プロジェクト“ヒューマン・ブレイン・プロジェクト”を率いている。このプロジェクトの目的は、脳の役割を解明するために脳の活動をコンピューター上にシュミレーションする事である。多くは欧州諸国からの約135の研究所がこのプロジェクトに参加している。プロジェクトの総予算は、約12億ユーロである。

スイスにあるほとんどの高等教育機関がそれぞれの分野における研究プロジェクトを行っている。多様なプロジェクトは、宇宙に関することから人間生理学や気候研究まで幅広い。さらに、ものづくりの研究プロジェクトも多様であり、構造学や光学的、機械的、電子的構造学、学問研究用の器機、地上器機の研究などがその一例である。スイスは、欧州宇宙局(ESA)の設立メンバーであり、年間約1億7000千万フランの出資と共に特に地球観測プログラムに参加している。

国際ネットワークによるトップクラスの研究

スイスの国外における教育、研究、技術革新に関する事は、助言役である専門家や科学分野の外交を行うネットワーク“スイスネックス”と共に行っている。スイスネックスの任務は、スイスの大学や研究分野の公的機関、および、研究分野のスタートアップ企業の国際化を手助けする事である。スイスネックスは、ボストン、サンフランシスコ、上海、バンガロール、リオデジャネイロに支局がある。